竹本城址

豊川市御津町広石船山32


新田義貞の臣に、高田薩摩守義遠という豪傑がおり、その二男高田又次郎政季がここに城を構え、後に竹本と氏を改めた。その後、竹本四郎左衛門成久の代に、主家今川義元が桶狭間で敗死したのを機に為当村に帰農したという。